バイアグラは副作用が怖い!安全な方法でED(勃起不全)を克服する! » バイアグラとジェネリック医薬品 » バイアグらのジェネリック医薬品が世に出るまでの準備と期間

バイアグらのジェネリック医薬品が世に出るまでの準備と期間

バイアグらの特許が満了したので、2014年の春頃からジェネリック医薬品の

 

国内承認がおり販売が開始されています。

 

現在はおよそ10社がジェネリック医薬品の販売を行っています。

 

バイアグらは青色のヒシ形の錠剤ですが、

 

バイアグらのジェネリック医薬品は各社特徴があります。

 

同じ青色の錠剤のものありますが、ED治療をしていることを

 

周りの方に知られたくない患者さんがいると考え、

 

白色やピンク色など、あえてバイアグらと色を変えている錠剤を

 

開発したジェネリック企業もあります。

 

また水がなくても唾液だけで飲め、コヒー風味やレモン風味のものもあります。

 

 

一般的な医薬品の特許期間(ジェネリック医薬品が発売されるまで)

一般的に医薬品の特許は出願から満了まで20~25年間かかりますが、

 

満了日は公開されていますので、ジェネリック医薬品メーカーは特許満了後に

 

スグに販売できるように事前から準備を進めています。

 

 

どの企業が開発をしているかは国内承認が取得されるまで公にされないので、

 

どのくらいの企業が販売するかは正確にはわかりません。

 

ジェネリック医薬品は何十年も昔から販売されていますが、一般の方への認知度はとても低く、

 

近年になってTVコマーシャル等で宣伝されるようになり、だいぶ身近になった来ました。

 

これはジェネリック医薬品企業の努力だけでなく、厚生労働省が推し進めてきた結果と言えます。

 

日本国内の医療費は毎年数兆円ずつ増え、現在では40兆円程度あります。

 

その医療費の中で薬剤費の占める割合は決して少なくありません。

 

今後の少子高齢化社会に向けて医療費の増加見込まれる中、

 

価格の安いジェネリック医薬品の普及は国策ともいえます。

 

ジェネリック医薬品の価格は、新薬の7割から半額以下のものがあるので、

 

国費だけでなく個人の負担も減らすことができます。

 

 

今日ではバイアグら以外にも様々なジェネリック医薬品が販売されています。

 

ジェネリック医薬品が販売されている医薬品は新薬ではなくジェネリックを

 

処方するよう厚生労働省から医療機関に通知が出ています。

 

患者さんの立場でもジェネリック医薬品を希望でき、経済負担を減らすために

 

希望される患者さんも増えているのが現状です。

バイアグラに頼らない安全な精力増強剤なら

天然素材だけを使った安全な精力増強サプリメントだけ厳選しました!☆
★上手に服用して明るい健康生活を手に入れましょう★

>>おすすめ精力増強剤ランキング<<
 

 

この記事に関連する記事一覧

用途別お役立ちリンク
精力をアップさせたい時は、
⇒【精力増強館】
ペニスを大きくしたい時は、
⇒【ペニス増大館】
最近の投稿