バイアグラは副作用が怖い!安全な方法でED(勃起不全)を克服する! » バイアグラとジェネリック医薬品 » ジェネリックバイアグラのインターネット上の情報に問題

ジェネリックバイアグラのインターネット上の情報に問題

インターネット上には様々な情報があり、調べ物をする時に便りになりますが、

 

当然ながらそこにある情報が全て正しい訳ではありません。

 

バイアグラやジェネリック医薬品に関する情報も同じです。

 

現在、日本ではバイアグラは国内承認を受けています。

 

しかし日本製のジェネリック医薬品のは存在はまだ少ないです。

 

ファイザー株式会社のバイアグラは、2014年5月13日に用途特許が切れたばかりであり

 

国内で生産して国内承認を下りるのを、待たなければならないのですから時間がかかります。

 

それでもインターネットの個人輸入サイトでは、ジェネリックバイアグラの製品が出回っています。

 

これは外国、特にインドのジェネリックバイアグラ品です。

 

インドでは特許に対する考え方が違い比較的甘いため、

 

ジェネリックを製造販売することができるのです。

 

それを個人輸入すること自体は違法ではありません。

 

あくまでも個人の責任によって、個人が服用する分には問題にはならないです。

 

しかし海外から仕入れたジェネリックバイアグラ品を、転売して利益を得るのは違法です。

 

加えて海外のジェネリックバイアグラには偽物も多いです。
 
バイアグラの偽物についてはファイザー製薬の「バイアグラのニセモノに注意」が参考になります。

 

phfizer_ph01
 

バイアグラ正規品の青色を出すために、プリンターの青インクを混ぜて

 

正規品に似せていることもあるというのですから呆れてしまいます。

 

口に入れる物は「安くても悪かろう」では済まないです。

 

身体に副作用があってからでは遅過ぎます。

 

 

インターネット上でのバイアグラの効果・口コミ

 

インターネット上には、バイアグラの効果や服用方法についても沢山の情報があります。

 

インターネットには正しい情報もありますが、バイアグラに関して言えば、

 

 

医師から処方される時に正しい服用方法の説明をされているので、

 

その指示に従うことが何よりも大切です。

 

特に即効性が欲しくて服用量を増やすことは大変危険です。

 

クスリの許容値は個人差があり、適正量は個人で異なります。

 

そのため、医師の説明を無視して、勝手に量を増やすと大変な目に合う可能性があります。

 

中には、強い副作用となって後遺症が残るケースも考えられます。

 
 
男性として勃起力を高めることは切実な願いではありますが、

 

まず健康な身体でないと、性行為も満足に行えません。

 

ED(勃起不全)病気であり、バイアグラは有効な治療薬ではありますが、

 

バイアグラは健康保険の適用を受けられない明確な理由もあります。

 

それはバイアグラがなくても日常生活には支障はないからです。

 

 

バイアグラに頼らない安全な精力増強剤なら

天然素材だけを使った安全な精力増強サプリメントだけ厳選しました!☆
★上手に服用して明るい健康生活を手に入れましょう★

>>おすすめ精力増強剤ランキング<<

 

この記事に関連する記事一覧

用途別お役立ちリンク
精力をアップさせたい時は、
⇒【精力増強館】
ペニスを大きくしたい時は、
⇒【ペニス増大館】
人気記事一覧